MーSOLUTIONS(MーSOL、佐藤光浩社長)は3月9日、ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)と共同開発した、ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」とデジタルサイネージの連携機能を「Smart at robo for Pepper」のオプションサービス「ミラクルサイネージ連携オプション」として、4月5日に提供を開始すると発表した。

 Smart at robo for Pepperのミラクルサイネージ連携オプションは、Pepperのディスプレイに表示される画像や動画コンテンツを、デジタルサイネージに表示可能にするもの。アンケートや質問の回答に応じて、複数のコンテンツを出し分けすることができる。Pepperによる集客効果とデジタルサイネージの情報伝達力がシナジーを生み、企業やブランドの顧客接点として、コンテンツを通して企業が伝えたいメッセージの訴求力アップを図ることができる。また、顧客に対してさまざまな顧客体験を提供し、顧客の感動や満足度の向上が可能となる。

 価格は、サイネージ連携サービスが月額5000円/台、サイネージ連携用MVSDS220(デジタルサイネージプレイヤー)が初期費用19万8000円/台、WiーFiオプション(デジタルサイネージプレイヤーWiーFi対応機器)が初期費用1万5000円/式。