ニフティ(三竹兼司社長)は3月15日、同社が提供する法人向けMVNOサービス「NifMo法人サービス」で、M2M(Machine to Machine)やIoT(Internet of Things)での利用に適した上り下り最大200kbpsの「スタートプラン」と、小容量の「1.1GBプラン」を提供開始した。

 「NifMo法人サービス」では、これまで法人企業向けに三つのデータ通信プラン(3GB、5GB、10GB)のSIMカードを提供してきた。今回、業務用端末としての利用に加え、機械と機械が情報をやり取りして制御するM2Mや、さまざまなモノがインターネットとつながるIoTの分野での利用が増えてきたことに対応。同分野では、低速度の通信で十分なケースや、テキストデータだけをやり取りするなどのデータ通信量が少ないケースも多いことから、通信速度が最大200kbpsで安価なスタートプランと、従来の3GBプランよりもさらに小容量の1.1GBプランを提供する。

 税別価格は、スタートプランが月額480円、1.1GBプランが月額640円。同社では今後、より幅広い用途で利用できるよう、上り通信に特化したプランや夜間専用プラン、複数SIMカードでのデータシェア機能、契約中のSIMカードの利用状況参照や契約変更が可能な管理者用画面など、サービスの拡充を図っていく。