ニフティは、同社が提供するクラウドサービス「ニフティクラウド」で、簡単・安価に閉域網接続が可能なソリューション「プライベートアクセス」を提供すると発表した。第一弾として、アルテリア・ネットワークス(安斎富太郎社長CEO)と連携し、同社の提供する「VECTANT クローズドIPネットワーク」からニフティクラウドへセキュアに接続できる「プライベートアクセス for ARTERIA」を3月31日に発売した。

 プライベートアクセスは、各回線事業者が提供する閉域網とニフティクラウドをあらかじめ物理的に接続し、VLAN(Virtual LAN)で仮想的に分離することで、「ダイレクトポート」と比べて短納期・安価に閉域網からのセキュアなクラウドアクセスを実現するソリューション。回線を専有し通信速度を優先したい場合は、従来通り「ダイレクトポート」を利用することもできる。

 プライベートアクセス for ARTERIAでは、VECTANT クローズドIPネットワークからニフティクラウドへのセキュアな接続を実現する。サービスの利用には、ニフティクラウドが提供する「プライベートLAN」と、アルテリア・ネットワークス提供のVECTANT クローズドIPネットワーク、VECTANT セキュアクラウドアクセス 共有型の利用が必要となる。

 税別価格は、月額8000円/プライベートLAN。