アルプス システム インテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、ワークフローを活用した「ECOAS」シリーズのラインアップ製品「ECOAS for 旅費」に「通勤経路申請オプション」を追加し、4月20日に提供を開始した。

 ECOASシリーズは、約4000社以上の導入実績があるNTTデータ イントラマートのシステム共通基盤「intraーmart AccelPlatform」に対応したワークフロー製品。クラウド上で利用することもでき、業務効率の向上やビジネスの加速化を支援する。

 今回、ECOAS for 旅費に追加する通勤経路申請オプションは、通勤時の定期経路をあらかじめ登録することができるワークフロー機能。同オプション機能を利用することで、通勤管理業務(通勤費、通勤経路確認)の作業負荷を大幅に軽減することができる。

 登録した定期経路は、外出や出張の際の旅費精算時に定期経路の運賃分を自動計算で差し引いて申請することが可能。また、「駅すぱあと」と連携しているため、正確で適正な運賃を旅費精算に反映することができる。これにより、上長や管理部門、経理部門も、正確な申請内容かどうかを確認する手間や負担を軽減できるなど、効率的に旅費精算処理を進めることが可能となる。

 通勤経路申請オプションの税別ライセンス価格は30万円。