NTTソフトウェア(山田伸一社長)は4月26日、重要情報を端末間で安全に受け渡す「Crossway/データブリッジ」を大容量化し、廉価版を追加した新ラインアップを6月に発売すると発表した。

 Crossway/データブリッジは、両方の端末に接続している間だけデータを受け渡すことができ、接続を外すと本体のデータが消去される仕組みのデータ受け渡し製品。ネットワーク接続のない端末間でもUSBメモリのように手軽に情報を受け渡すことができる。さらに、中間サーバー以上の安全性を持ち合わせていながら安価なため、安全なデータの受け渡しを容易に実現できる。

 今回、扱うデータに合わせて容量を大きくしてほしいというニーズに応えるため、DVD以上の容量(6.85GB)に対応したバージョンアップを行った。また、より安価に多数利用したいという要望を受け、廉価版として「Crossway/データブリッジ mini」をラインアップに追加した。これにより、USBメモリのような使い勝手は変わらずに、データの不正持ち出しリスクを軽減したい企業や、中間サーバーのように安全性を保ちながら安価にデータを受け渡したい企業など、用途に合わせて製品を選べるようになった。

 税別価格は、Crossway/データブリッジが19万8000円、Crossway/データブリッジ miniが12万8000円。