大塚商会(大塚裕司社長)は、「たよれーる Office 365」のオプションとして、1IDから利用できるワークフローサービス「eValue Air ワークフロー for Office 365」を5月11日に発売した。

 新サービスは、総務・経理関連の業務効率改善を検討している顧客の要望に多い総務・経理系申請書など、幅広い顧客がすぐ使えるテンプレート(申請書式)52種類を標準提供する。また、煩雑になりがちなID管理では、実際の申請・承認フローの運用を考慮した組織情報や役職の紐づけを実現して顧客の導入・稼働を容易にするとともに、初期導入時の面倒な設定作業の訪問指導を行う。これにより、顧客はワークフローの導入目的である業務効率アップを実現できる。

 スマートフォンやタブレット端末に対応し、いつでもどこでも使えるOffice 365のよさをそのまま利用できる。たよれーる Office 365のユーザーアカウントをそのままeValue Air ワークフローで使えるため(シングルサインオン)、新たにID/パスワードを増やしたり覚えたりする必要もなく、手軽に申請・承認業務を行うことができる。また、Office 365の管理ポータルから直接サービスを利用できるため、ユーザーが個別のURLを覚える必要もない。さらに、ジョルダン(佐藤俊和社長)の「乗換案内」を標準搭載。企業では、交通費の精算業務の際に発生する確認業務の工数を削減することができる。

 価格は、月額500円/1ID。同社では、初年度で100社1万ライセンスの販売を目標にしている。