アイキューブドシステムズ(佐々木勉社長)は6月9日、MDMサービス「CLOMO MDM」のデバイス紛失対策機能の強化を発表した。iOS/Android搭載端末向けに提供を開始する。

 今回の機能強化でIT管理者は、紛失中のiOS/Android搭載のスマートフォン、タブレット端末に対して、「デバイス回収用のメッセージと連絡先情報の表示」「デバイス回収時まで有効な強制ロック」「デバイス位置情報の強制取得」「デバイス初期化コマンドの無期限継続」といった対策を遠隔で行うことが可能になる。

 従来のMDMサービスの盗難紛失対策は「リモートロック」「リモートワイプ」などの「情報漏えい対策」がメインだったが、今回、「デバイス回収対策」機能を追加することで紛失対策をさらに強化する。これにより、紛失対策は高度化され、「紛失によるデバイス廃棄リスク」や「デバイスの不正利用による情報漏えいリスク」を低減する。

 今回の新機能は、Appleが主に個人向けに提供しているサービス「iPhoneを探す」と同様の機能という。6月9日から提供を開始する。