ニュース

日立ソリューションズ東日本、業務アプリ構築プラットフォーム「AppSQUARE」を投入。脱「Excel経営」を支援

2016/06/16 19:12

 日立ソリューションズ東日本(八田直久社長)は、業務アプリケーション構築プラットフォーム「AppSQUARE(アップスクエア)」の販売を始めた。同システムは、ユーザーが部門ごとに個別に業務アプリケーションや、Excelなどの表計算ソフトで管理していた情報を同一システム上に統合。業務データと業務プロセスの一元管理を実現する。

日立ソリューションズ東日本の八田直久社長

 AppSQUAREは、ユーザーがプログラミングを行うことなく、業務プロセスの変更ができ、「業務が変わったときにもユーザー自身が迅速に業務プロセスを変更することが可能」(八田直久社長)だという。業務フローにサブルートを加えて、業務フローを即座に変更する機能などは特許出願中だ。

 業務アプリケーションを手組み(スクラッチ)で開発するのに比べて、AppSQUAREを活用すればコストで半減、開発期間は3分の2に抑えられる。日立ソリューションズ東日本では、向こう3年間のAppSQUARE関連事業の売り上げとして30億円を目指すとともに、ビジネスパートナー経由での販売にも取り組む。

関連記事

日立ソリューションズ 海外初の港湾EDIを本格稼働へ 成長市場への横展開に意欲

日立システムズ、社会インフラ分野向けサポートサービス事業を強化

日立システムズ 海外ならではの難しさを克服へ グローバル ERPの商談が活発化

<クラウド特集>日立システムズ 新サービス「クラウド基盤運用自動化サービス」を投入 VMwareとAWSに特化で手軽に運用自動化を実現

みなかみ町と日立システムズ、農業ICTによる地方創生モデルを共同推進

外部リンク

日立ソリューションズ東日本=http://www.hitachi-solutions-east.co.jp/

おすすめ記事