BCNは10月16日、太平洋クラブ 御殿場ウエスト(静岡県御殿場市)において、41回目となるゴルフコンペ「BCN杯」を開催した。御殿場ウエストは、富士山の裾野の大自然が巧みに生かされていて、また池やクリークの配置が絶妙で、ゴルフの楽しみを深く味合わせるくれるプレイアビリティの高いコースとなっている。今回の参加者は24名で、初参加が6名。大自然とゴルフ、そしてコミュニケーションを楽しみながら、BCN杯の獲得を目指した。

 この日は気持ちのよい秋晴れで、グリーン上を歩くだけで癒される絶好のゴルフ日和。ただ、天気だけでスコアが伸びるというようなことはなく、多くの参加者がスコアメイクに苦しんだ。「フェアウェイが狭い」「バンカーが深い」「グリーンの芝が読みにくい」との声が続出。パット地獄から抜け出せないなど、難コースだったようだ。

第41回BCN杯にご参加いただいたみなさん

ピー・シー・エーの
折登泰樹さんが
BCN杯を獲得
 優勝者は、ピー・シー・エーの折登泰樹さん。「BCN杯にはこれまで何度も参加してきましたが、今回が初優勝です。大変名誉なことでうれしく思います。天候に恵まれ、一緒にプレイをした皆さんとも楽しいゴルフができました。最近は年をとるにつれ、飛距離もでず、スコアもよくないことも多かったのですが、本日はセカンドがうまくいきました。これからもっとシェイプアップをして、体重のほうもアンダーを目指して頑張ります(笑)」と、折登さんは優勝の喜びを語った。また、ベストグロス賞は、TCSIの田口善一さんが獲得した。なお、次回の開催は2017年4月を予定している。