米ブロケードのラッカスワイヤレス事業部は4月24日、高付加価値のマネージド・サービスを顧客に提供するサービスプロバイダ向けの完全カスタマイズ可能ソリューションとして「Ruckus Service Provider Cloud(Ruckus SP Cloud)」を発表した。

 Ruckus SP Cloudは、ラッカスの先進的なアクセス・ポイントを通じて企業向けWi-Fiを提供するマネージド・サービス製品。今後は、Ruckus ICXスイッチもサポートし、有線と無線の両ネットワークの設定、監視、問題解決を簡略化する統合プラットフォームを提供する。

 Ruckus SP Cloudを利用するサービスプロバイダは、ブランド価値を維持できると同時に、必要なリソースを大幅に削減して市場投入までの時間を短縮できる。また、サービスプロバイダ専用に開発されており、各サービスプロバイダに固有の問題(公共または私有のデータセンターの選択など)や、キャリア共通のサービス品質保証の両方に対応している。

 さらに、システムインテグレータによるカスタマイズ、配備、管理が可能なように設計しており、広範な高性能企業マネージド・ネットワーク・サービス向けに柔軟で費用効率が高いオペレータ特有のプラットフォームを提供する。