【サンフランシスコ発】米オラクル(ラリー・エリソン会長兼CTO)は、現地時間10月1日から5日までの5日間、米サンフランシスコで年次プライベートイベント「Oracle Open World(OOW) 2017」を開催中だ。二日目を迎えた10月2日の基調講演には、マーク・ハードCEOが登場した。(本多和幸)

201710051103_1.jpg
マーク・ハードCEO

 前日の1日夜、米ラスベガスでは、50人以上が亡くなるという同国史上最悪の銃乱射事件が起こった。ハードCEOはまずこの件に触れ、「ラスベガスは米国人にとっても、オラクルにとっても非常に大切な街。社員もいるし、多くの顧客もいる。オラクル自身、さまざまなイベントをラスベガスで行ってきた。ラスベガスの人々に祈りをささげたい」とコメントした。

 近年のOOWにおけるハードCEOの基調講演は、マクロ経済の観点からエンタープライズIT市場の現状について言及するのが定番となっているが、今回も同様だ。「現在、世界のGDPは2%しか成長しておらず、その成長の4割は中国によるもの。中国を除くと1%しか成長していないことになる。GDPの成長と企業の成長には密接な関係があることをまず理解してほしい。もちろん、IT業界もその影響を受けている。企業のIT予算はこの5年間ほとんど伸びていないため、市場も大きくなっていない」としたうえで、オラクルは直近の四半期決算(2017年6~8月期)で前年同期比7%の増収を果たしたことを強調。「GDPが伸びていない、市場も成長しないなかで企業が成長するには、他社から顧客を奪うしかない。オラクルはそれができている」。

 しかし、オラクル自身の状況はともかく、「多くの企業のCEOはプレッシャーが大きくなるばかりで、CEOでいられる期間もどんどん短くなっている」という。ハードCEOは、「売上高を伸ばすこと、経費を削減して利益率を上げること、キャッシュフローを改善することがCEOにとって重要。IT予算の8割が古いシステムのメンテナンスに使われていて、ただでさえ既存の企業はイノベーションのための予算が小さいのに、CEOは自分のクビをつなげるために、しばしばここをさらに削減してしまう。そんななかで、ディスラプター(既存市場の破壊者)がいくつも登場してきていて、既存の企業は苦しい戦いを強いられている」と指摘する。

 さらに、CEOに求められる要素として、「リスク管理、すなわちセキュリティ対策もますます重要になってきている」という。「世界最大手の銀行の幹部とミーティングをしたが、半分の時間はシステムにセキュリティパッチをあてることの話に費やした。レガシー企業のインフラは、たくさんの異なるシステムで構成され、保守もアップグレードも、しにくいかたちになってしまっている。この巨大なリスクを革新的な方法で解決しなければならない」とコメントしたハードCEO。前夜の基調講演でエリソン会長兼CTOが発表したOracle Databaseの次期製品「Oracle Database 18c」(機械学習によりパッチの適用やチューニングなどを自動化する自律型DB)のクラウドサービスを含め、「オラクルのスケーラブルでセキュア、そして標準技術にもとづいた最も完全かつスイートなクラウドは、リスクや複雑性に対するコストを排除する」とアピールし、オラクルクラウドこそがCEOの悩みを解決してくれると強調した。

 ハードCEOは基調講演のなかで、オラクルクラウドによりデジタル変革を成し遂げたレガシー企業として、FedExの担当者を壇上に招きインタビューしたほか、Lyft(Uberの競合企業)やブルーム・エナジー(固体酸化物形燃料電池技術を使った電力供給事業などを手がける)といった“ディスラプター”もオラクルのクラウド製品を採用していることを紹介。ビジネスのイノベーションを支えるソリューションとして市場に浸透してきていることを訴えた。

 OOW2017については、週刊BCN紙面でも詳報する。