菱洋エレクトロ(大内孝好社長)は11月1日、ネットワーク・セキュリティ製品の開発と販売を手掛けるウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)と販売店契約を結び、最新のセキュリティ対策機能を搭載した多層防御型アプライアンス「Fireboxシリーズ」の販売を開始すると発表した。

 ウォッチガードが展開するFireboxシリーズ、Firebox Vシリーズは、企業のネットワークが必要とするあらゆるセキュリティ機能を集約したアプライアンス製品で、ウイルス、不正浸入、迷惑メール、ネットワーク攻撃や標的型攻撃、ランサムウェアなどの脅威にプロアクティブな対策を可能とする。

 今回の販売店契約により、菱洋エレクトロでは、サイバーセキュリティ対策で攻撃者の行動を時系列に分析した「サイバーキルチェーン」を考慮し、エンドポイントとネットワークの2つの観点からソリューションを展開する。すでに販売している「次世代エンドポイントセキュリティ」と「ネットワーク上の統合脅威管理(UTM)」を組み合わせることで、サイバーキルチェーンの対策を包括的なものにする。また、注力して取り組んでいるIoT分野では、そのプラットフォームとなるWi-Fi環境に対し、「WatchGuard Wi-Fi Cloud」によってセキュアで安定したIPトラフィックを提案していく。