英ソフォスは1月30日、高度なディープラーニング(深層学習)ニューラルネットワークによるマルウェア検出機能を備えた次世代型エンドポイント保護製品の最新版「Sophos Intercept X 2.0」を発表した。

 最新版では、アンチランサムウェアやエクスプロイト防止機能に最新技術を採用するとともに、認証情報の盗難防止などのアクティブハッカーによる攻撃の軽減を実現する機能を搭載した。マルウェア対策を強化しているため、攻撃は正当なユーザーとしてシステムやネットワークを移動するための資格情報を盗み出す攻撃に集中しており、最新版はこれを検出して防御する。

 Sophos Intercept Xは、クラウドベースの管理プラットフォームSophos Centralを介して展開され、他ベンダーの既存エンドポイントセキュリティソフトウェア製品とともにインストールすることができ、エンドポイント保護を即時に強化できる。また、Sophos XG Firewallと併用することでSynchronized Securityを活用できる。