インテルは3月19日、現社長の江田麻季子氏が3月31日付けで退任し、インテル EMEA(欧州・中東・アフリカ)地域のインダストリー・セールス事業部長を務めていたスコット・オーバーソン氏が4月1日付で社長に就任すると発表した。江田麻季子氏は退任となる。

201803191150_1.jpg
新社長に就任するスコット・オーバーソン氏

 オーバーソン氏は、セールス&マーケティング分野を中心にインテルで28年間のノウハウをもつ。直近では、担当地域のチームを率いて複数の産業分野に広がる顧客に向けてエンタープライズ・テクノロジーの導入を指揮した。オレゴン大学の経営学修士(MBA)とブリガム・ヤング大学の金融学学士を取得。現在、55歳。4月1日以降、オーバーソン氏は暫定的な日本の事業責任者として手腕を振るい、インテルではオーバーソン氏を暫定社長としながら次期責任者の選定を進めていく。