中堅中小企業向け業務ソフト大手のピー・シー・エー(PCA、水谷学社長)は、取締役副社長の佐藤文昭氏が代表取締役社長に就任すると発表した。今年6月下旬開催予定の取締役会で正式に決定する。水谷社長は取締役相談役に就く予定だ。

201803221110_2.jpg
新社長に就任する佐藤文昭氏

 同社は社長交代の理由について、水谷社長の在任期間が10年を超え年齢も60歳を迎えたことから、「経営トップの世代交代を図るため」としている。

 新社長に就任する佐藤文昭氏は、東京都出身、1963年7月生まれの54歳。87年中央大学法学部卒。2003年にPCAに入社。管理本部経理部長、同総務部長・人事部長、管理本部長・総務部長、取締役、常務取締役管理本部長などを経て、17年9月に取締役副社長に就任。