ネットワールド(森田晶一社長)は、RedSocks Security(本社・オランダ、RedSocks)のサイバーセキュリティの仮想アプライアンス「RedSocks Virtual Malicious Threat Detection(RedSocks vMTD)」の国内販売を4月17日に開始した。

 RedSocksのソリューションは、サイバーセキュリティの出口対策に特化し、IPFIXによるすべてのアウトバウンド通信のフロー情報を監視し、高精度な脅威情報とヒューリスティック検知で不正通信や脅威をリアルタイムに検知する。ネットワールドでは、2015年からハードウェアアプライアンス「RedSocks Malware Threat Defender(RedSocks MTD)」を提供してきたが、今回、より低コストで提供できる仮想アプライアンス版を追加することにした。

 仮想アプライアンス版RedSocks vMTDは、VMware ESXiのハイパーバイザーに対応しており、VMware製品で豊富な経験と実績をもつネットワールドでは、VMwareやサーバー、クラウドサービスも含めた導入支援サービス、コンサルティングサービスなども提供する。また、RedSocksのソリューションは、間もなく施行されるGDPR(EU一般データ保護規則)で任命が義務化されているデータ保護責任者の権限設定が可能なため、GDPR対応が急務となっている企業や組織に対しての販売も加速していく考え。