日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、AIソリューション「Toami Visionシリーズ」の第2弾として、AIによって構造物のひび割れを判定する「CrackVision(クラックビジョン)」の提供を5月8日に開始した。

 CrackVisionは、ディープラーニングにより機械学習したAIエンジンによって、コンクリートなどのひび割れの長さや幅の判定が可能なAIソリューション。AIエンジンはエッジデバイス側とクラウド側の両方に搭載でき、用途に応じた最適な処理方法により高精度で効率的な判定を実施する。

 エッジデバイス処理は、高速なひび割れ判定処理が可能で、現場作業でのタイムリーな気づきを生み出す。一方、クラウド処理は、撮影データをクラウドサーバーへ送信してから詳細処理を実行するため、ひび割れの正確な長さや幅の判定が可能となる。

 今後、NSWではAIエンジンをドローンに搭載し、飛行中の撮影画像へのリアルタイムひび割れ判定や、コンクリートに限らずさまざまな製造現場のひび割れに対応できるよう改善を進め、AIによる画像処理分野を拡大していく考え。