富士ゼロックス(玉井光一社長)は7月5日、価値提供戦略「Smart Work Innovation」に基づいて開発したクラウド対応サービスとして、紙文書の処理を含むワークフローの整流化と自動化の実現により、企業の働き方改革を支援する「Smart Data Entry」の提供を開始したと発表した。

 Smart Data Entryは、手書き帳票のデータ入力から情報抽出、確認・訂正、データ出力までシームレスな流れを実現し、大量の帳票処理の繰り返し作業から人々を解放するクラウド対応型ソリューション。人の視覚情報処理の仕組みを利用した独自のAI技術の活用によって、氏名、住所など読み取り項目ごとのデータをベースに構築した学習済みモデルを搭載し、単文字としても、つながりのある文字列としても99.1%の高い認識率で読み取ることができる。

 基幹システムへの入力作業や帳票データの仕分け作業の時間を低減するほか、人的ミスを防止することができるため、申請・届出受付、調査・アンケートなどの業務でもオフィスでの創造的な働き方を支援する。また、クラウド環境での利用が可能で、導入時の初期投資や運用時の管理コストを低減できる。

 富士ゼロックスの複合機や、PC上であたかも紙を扱うような感覚で電子ファイルを管理できるドキュメントハンドリング・ソフトウェア「DocuWorks」と連携することにより、読み取った帳票情報の確認・訂正、データベースなどに出力するまでの効率的な帳票処理を実現する。また、用途に合わせ業務システムに引き渡すために必要なCSVフォーマットに対応しており、後段の業務自動化を実現する各種RPA(ロボットによる業務自動化)ソリューションなどと組み合わせ、シームレスな業務プロセスを実現する。

 価格は、基本サービスが月額20万円(2ユーザー、2000ページ/月まで)、オプション追加(有償)により20ユーザー、3万ページ/月まで利用できる。同社では、2019年度までに600契約の販売を目標としている。