シスコシステムズ(シスコ、鈴木みゆき社長)は、7月30日付でデイヴ・ウェスト氏が代表執行役員社長に就任すると13日、発表した。鈴木社長はアジア地域を統括するプレジデントに昇格する。

 ウェスト氏は、シスコに18年間在籍しており、直近では、エンタープライズネットワーク事業のグローバルセールスを統括。同社の基幹ポートフォリオの変革に向け、営業、ソリューション、エンジニアリングにおける取り組みを推進してきた。それ以前は、アジア太平洋および日本地域の最高技術責任者(CTO)、エンタープライズネットワーク、データセンター、セキュリティ、コラボレーションをまとめるアーキテクチャリーダーなどを務めた。IT業界では25年以上のキャリアをもつ。

 なお、鈴木社長は、アジアパシフィック、ジャパン アンド グレーターチャイナのプレジデントに昇格し、オーストラリア、ニュージーランド、インド、南アジア地域協力連合(SAARC)、日本、東南アジア諸国連合(ASEAN)、韓国、中国を統括するトップとして、アジア地域の事業強化を推進する。