ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、谷口忠彦社長)は7月31日、中堅/中小企業(SMB)向けに設計したクラウドベースの多要素認証(MFA)ソリューション「AuthPoint」を発表した。

 AuthPointは、SMBに最適化した多要素認証ソリューションで、クラウドサービスであるため、高価なハードウェアコンポーネントを必要とせず、ロケーションを問わず実装し、管理することができる。このサービスは、ウォッチガードのAuthPointアプリにより、ユーザーを認証する。

 AuthPointアプリは、ユーザーのスマートフォンにアプリをダウンロードして起動すると、プッシュ通知、ワンタイムパスワード、またはオフラインの場合QRコード読取りなどの方法により、全てのログイン試行を確認し管理することができる。さらに、同アプリでは、Google Authenticator、Facebookアクセス、Dropboxなど、サードパーティの認証コードも保存することができる。

 また、モバイルデバイスDNAと呼ばれるユーザー認証に対するアプローチを採用。AuthPointアプリでパーソナライズされた「DNA」シグニチャをユーザーデバイス向けに作成し、認証計算に使用する。この結果、正規ユーザーのモバイルフォンによる認証以外は拒否することができる。

 ウォッチガードのエコシステムの一環として、多くのサードパーティ製品と連携する。これにより、ユーザーが機密性の高いクラウドアプリケーション、VPN、ネットワークなどにアクセスする前に、強固な認証プロセスを経ることが可能となる。さらに、SAMLスタンダードをサポートしており、ユーザーは一度ログオンするだけで、あらゆるアプリケーションやサービスにアクセスすることができる。