セイコーソリューションズ(関根淳社長)と米Planetway Corporation(Planetway、平尾憲映代表)は8月22日、エストニア共和国の電子政府を支えるデータ連携基盤「X-Road」にセイコーソリューションズのタイムスタンプサービスを組み合わせ、医療や金融システムで使う個人情報(機微情報)の安全な交換が可能な仕組みであるPlanetwayの「PlanetCross」の販売を共同で推進すると発表した。

 Planetwayが提供するPlanetCrossは、エストニア共和国の国民番号制度を支える高度なセキュリティ技術に基づいたデータ連携基盤であるX-Roadをもとにしたサービスで、セイコーソリューションズのもつタイムスタンプや電子証明書といった国内の認証基盤と連携している。すでに、東京海上日動火災保険との実証実験で医療機関との間の損害保険金支払業務の簡略化、迅速化を確認しており、これらの実績をもとに、医療・金融・行政機関に向けた個人情報データ連携ソリューションの開発、提供を行う。

 今回の協業により、従来高額な専用システムが必要となる医療や金融での情報連携が、低コストで高い拡張性をもって実現可能となる。利用者が各種手続きをワンストップで行うための情報連携サービスが求められるなか、両社は今年9月から病院/保険/ヘルスケア領域に対するソリューションの提供を開始する。