独SUSEは8月22日、ITサービスでコンサルティング、ビジネスソリューションを展開するタタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)が、TCSエンタープライズクラウドプラットフォームの標準基盤として「SUSE OpenStack Cloud」を採用したと発表した。

 TCSとSUSEは、堅牢で柔軟なエンタープライズクラウドプラットフォームの構築に向けて緊密に協力してきたという。今回のプラットフォームは、ソフトウェア定義型ネットワークでのCisco ACI、ハイパーバイザでのKVMとVMware、さらにSUSE OpenStack CloudのストレージバックエンドとしてのEMCなどを全て統合することで実現したもの。

 プラットフォームの標準基盤に採用したSUSE OpenStack Cloudは、さまざまなハイパーバイザをサポートし、TCSの顧客に柔軟性と高可用性を組み合わせた選択肢を提供する。SUSE OpenStack Cloudを使用することで、柔軟なカスタマイズが可能でスケーラブルなクラウドが得られ、ソフトウェア定義型インフラストラクチャの導入を加速することができる。また、エンタープライズ企業は、競争の激しい市場を勝ち抜くことができ、さらに将来性のあるITを実現するための、より優れた相互運用性、スケーラビリティ、柔軟性を獲得することができる。

 TCSの今後のソリューションロードマップとしては、TCSエンタープライズクラウドプラットフォームの一部をなすSUSE OpenStack Cloudとともに、コンテナ化されたSUSE Cloud Foundryディストリビューションを含む、SUSE Cloud Application PlatformなどのSUSE製品を採用していく予定。