ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、谷口忠彦社長)は9月20日、高信頼性の無線LANフレームワーク「Trusted Wireless Environment Framework」を発表した。

  Trusted Wireless Environment Frameworkは、企業やソリューションプロバイダーが無線LANサービスの構築に利用できるガイドラインで、優れたパフォーマンス、スケーラブルな管理、実証済みのセキュリティーを包括的に提供する。信頼性の高い無線LANを構築することにより、ビジネスに必要なパフォーマンスとスケーラビリティーを獲得すると同時に、無線LAN環境特有の危険なサイバー攻撃への防御能力も確保することができる。