日立システムズ(北野昌宏社長)は、介護施設や医療施設向けに、赤外線センサーやマット型の生体センサー、尿意検知センサーなどの活用により入所者の状態を迅速に把握するとともに、「福祉の森」などの介護記録システムと連携して、入所者の健康状態を一元的に管理する見守りシステムの実証実験を10月9日に開始した。

 今回の見守りシステムは、複数のIoTセンサーを通じて入所者のバイタル情報や生体情報などを収集し、スタッフルームに備え付けのPCやタブレット端末、スマートフォンなどにリアルタイムに表示し、視覚的に状況を把握することが可能なシステム。これにより、居室への空振り訪問回数を大幅に削減できるだけでなく、異常を検知した場合にはナースコールからの着信により迅速・適切な対応が可能となる。

 また、血圧測定結果や検温データなどの介護記録への記入に費やしていた時間を短縮するために、専用の生体測定機器を採用することで、自動で「福祉の森」などの介護記録システムにデータ連携できる仕組みを提供する。これらのバイタルデータと各居室から各IoTセンサーを通じて受信したデータを集約することで、各種介護記録帳票を簡単・短時間で作成することができる。

 今後、日立システムズでは、複数の介護施設の協力を得て見守りシステムの実証実験を行うことで、連携可能なIoTセンサーの種類を拡充し、さまざまな介護記録システムとの連携を確認。介護スタッフのニーズや業務課題を把握してシステムのブラッシュアップを図り、2018年中のサービスの提供を目指す。さらに、将来的には、一元化したデータとAIなども組み合わせることで、健康の改善や増進、未病といった健康科学の分野までサービス提供の範囲を拡大していく考え。