FXC(谷輪重之社長)は、世界的なADC(アプリケーションデリバリコントローラ)ベンダーであるKEMPの高性能ロードバランサ「KEMP LoadMaster」(LM-X3、LM-X15、VLM-3000)を対象にした特別価格の「KEMPリプレースキャンペーン」を10月11日から実施した。

 KEMP LoadMasterシリーズは、高性能なSSLトランザクション処理やスループットを低価格で実現するADC。F5 Big IPシリーズとの比較では、3倍以上の処理性能を半分程度の価格で提供している。今回のキャンペーンでは、F5製品を利用中でシステム拡張や老朽化による入れ替えを検討するユーザーを対象として、KEMP LoadMasterを特別価格のパッケージで提供する。

 キャンペーン対象製品はLM-X3、LM-X15、VLM-3000の3種類。本体と保守サービスを組み合わせた6種類のパッケージから、ユーザーの環境や利用状況に合わせて選択が可能となっている。

 キャンペーン価格(税別)は、リプレースパッケージI(HA構成)の「LM-X3 + J-Enterprise 5年」が332万4000円(通常価格396万)、「LM-X15 + J-Enterprise 5年」が752万4000円(896万円)。リプレースパッケージII(HA構成)の「LM-X3 + J-Standard 1年」が172万8000円(192万円)、「LM-X15 + J-Standard 1年」が374万4000円(416万円)。リプレースパッケージIII(HA構成)の「VLM-3000 + J-Standard 5年」が380万8000円(通常価格476万円)、「VLM-3000 + J-Enterprise 5年」が476万8000円(通常価格596万円)。