U-22プログラミング・コンテスト実行委員会(青野慶久実行委員長・サイボウズ社長)は10月21日、TEPIAホールで行われた「U-22プログラミング・コンテスト2018」の最終審査会で、入選作品16作品を審査し、経済産業大臣賞をはじめとする各賞を決定した。

 経済産業大臣賞<総合>は、「写刺繍 -Sha-Shi-Shu-」(制作者:菅野晄さん/早稲田実業学校初等部6年)が受賞したほか、各カテゴリーの経済産業大臣賞では「サイハテドロップ」<プロダクト>(制作者:美座天佑さん/東京工業大学4年)、「Lightn Renderer Engine」<テクノロジー>(制作者:藤巻光平さん/日本工学院八王子専門学校4年)、「オシマル」<アイデア>(制作者:宮城采生さん/京都市立岩倉南小学校5年)がそれぞれ受賞した。

 今年度のU-22プログラミング・コンテストでは、2020年から始まる小学校でのプログラミング教育必修化を念頭に、自らのアイデアを表現・発信する「手段」としてのプログラミングの普及・促進という共通した目的と、プログラミングのさらなる裾野を広げるため、全国小中学生プログラミング大会(JJPC)と連携し、両者のスケジュールをあわせ、同一会場で最終審査を実施。また、合同イベント「ヤングプログラマーズ・デイ」を開催するとともに、両コンテスト実行委員によるパネルデスカッションなど、さまざまな企画が行われた。