沖電気工業(OKI)は、新生堂薬局が運営する九州初のドラッグストアキャッシュレス店「ドラッグ新生堂香椎駅前」に電子マネーチャージ機「CZ-20シリーズ」を納入した。

導入イメージ

 ドラッグ新生堂香椎駅前では、バリューデザインが提供する電子マネー発行システム「バリューカードASPサービス」を利用した会員向け電子マネー、ポイントサービス「ハッピーカード」を発行している。今回、ハッピーカードへの電子マネーチャージ機としてCZ-20シリーズを採用。この導入によって、新生堂薬局では迅速なキャッシュレス決済環境を整えたことになる。

 CZ-20シリーズは、磁気ストライプ、ICチップ、バーコードの電子マネーに対応。釣り銭にも対応し、手元に高額紙幣しかなくても1000円からチャージできる。店舗にとっては、設置しやすいコンパクトなボディーである他、紙幣還流型で入金した紙幣を釣り銭に利用でき、現金取扱いや会計に要する時間の短縮など、レジ周りを効率化できる。