日立システムズ(北野昌宏社)は2月8日、AIを活用したサービスの強化に向けてAI(機械学習)による予測モデルを自動生成するソフトウェアを提供している米DataRobot(Jeremy AchinCEO)とSIコンサルティングパートナー契約を結んだと発表した。この契約に基づき、日立システムズはDataRobotの機械学習自動化プラットフォーム「DataRobot」を活用したデータ分析サービスを提供する。

機械学習自動化プラットフォーム「DataRobot」の画面イメージについて

 DataRobotは、世界トップクラスのデータサイエンティストの知見や経験、ベストプラクティスが集約されたエンタープライズ向けの機械学習プラットフォーム。分析対象のデータをアップロードして予測する内容を選択するだけで、数百種類におよぶ機械学習アルゴリズムの中から、特にデータとの相性が良いアルゴリズムを自動で選定して表示するなど、予測モデル生成のプロセスを自動化している。これにより、従来まで高い専門知識を有するデータサイエンティストが必要であった予測モデルの生成作業を簡単・高精度に行うことが可能となる。

 日立システムズでは、昨年12月から社内でDataRobotを活用し、システム開発プロジェクトを効率的に運営するためのプロジェクトステータス推移や、健康経営戦略の施策として従業員の健康維持・増進の支援など複数の予測モデルの検証に取り組んできた。これらの社内での活用ノウハウと日立システムズがもつさまざまな業種での業務知識を組み合わせ、今回、DataRobotを活用したコンサルティング型サービスやSI型サービスなどのデータ分析サービスを提供する。

 今後は、DataRobotのライセンス販売も可能な販売代理店契約を目指していくほか、日立システムズが保有するMA(Marketing Automation)ツールやBI(Business Intelligence)ツールと連携し、セミナー誘致や販売促進メールを配信する際に確度が高いと思われる顧客を予測するモデルや、顧客のニーズが高いと思われる製品・サービスを予測するモデルなどについて検証を進め、そこで得た知見やノウハウをデータ分析サービスに生かしていく予定。