富士通クラウドテクノロジーズ(愛川義政社長)は、パブリック型クラウドサービス「ニフクラ」で、コンテナ管理基盤「Kubernetes」を簡単に運用・管理できるマネージドサービス「ニフクラ Hatoba」のベータ版を提供し、3月26日に申し込みの受け付けを開始した。ベータ版利用者からの評価をもとにユーザーインターフェースの改善や機能強化を行い、2019年度中に正式版を提供する予定。

「ニフクラ Hatoba」サービスイメージ ※正式版の提供は2019年度中を予定

 Kubernetesは、優れたコンテナ管理機能と高い信頼性によりコンテナ管理基盤の事実上の標準プラットフォームとなりつつあるが、その運用には一定のスキルが求められることから、Kubernetesを簡単に運用・管理できるマネージドサービスへの需要が高まっている。

 今回提供するニフクラ Hatobaのベータ版では、「クラスタ」や「ノードプール」などの一部機能を提供する。今後、「スナップショット」や「コンテナレジストリ」などの機能を順次追加していく予定。