シネックスジャパン(國持重隆社長)は、自治体・企業のITシステムで仮想基盤の更新やHCI(ハイパーコンバージドインフラシステム)の導入が計画されるなか、実際の構築に携わるエンジニアの不足で悩んでいるという声が多いことを受け、販売パートナーやユーザー企業とともに構築を実施する「基盤構築サービスの提供」を7月10日に開始した。

基盤構築サービスの構成イメージ

 今回提供する基盤構築サービスは、キッティングやラッキングといったハードウェア層のサービス、HCI初期構築、仮想サーバー構築、NWスイッチ構築といった基盤層のサービス、また仮想環境設計構築、仮想PC設計構築といったプラットフォーム層のサービス、さらにはシステム移行(P2V、V2V)、災害対策環境構築(DRディザスタリカバリー) 、VDI(仮想デスクトップ)環境構築といったソリューションサービスと、リモート接続による運用・監視サービスのメニューを用意している。

 シネックスジャパンでは、グローバルハイブリッドディストリビューターとして、インフラ製品の提供だけでなく、今回の基盤構築サービスを加えることで、需要が増加している仮想化基盤の更新や、ITエンジニア不足に悩む自治体・企業で進むHCIの導入案件を中心に、ITライフサイクル全体に対応する包括的なソリューションを提供していく方針。