SKILL、エン・ジャパン、日本マイクロソフトの3社は、HR分野でのブロックチェーンの活用、実用化に向けて、コンソーシアム型ブロックチェーンの構築や共同検証で連携して今後取り組んでいく。


 今回構築するコンソーシアムモデルのブロックチェーンは、特定の事業領域に関係する限定された数の企業のみが検証者(バリデーター)のノードとなってブロックチェーンを運用することで、コストの削減やスケーラビリティーの課題を軽減できる。

 本ブロックチェーンでは、HR分野で取り扱われる情報領域にフォーカスし、職歴情報や学歴情報など人材に関するさまざまなデータの証明情報を記録し、ユーザーがデータの所有権とその内容について自分自身で証明情報を確認できるチェーンを運用する。

 エン・ジャパンとSKILLが分散してノードを運営し、SKILLと日本マイクロソフトが共同研究で構成の検討や検証を行い、コンソーシアムチェーンに関するインフラ面やビジネスサポートの実サービス化を行う。また、日本マイクロソフトは「Microsoft Azure」のブロックチェーン技術支援を提供し、3社は連携してコンソーシアムの運営におけるブロックチェーンの技術的な課題や運営課題の整備などを行う。

 今後は、最初のコンソーシアムチェーン活用計画として、SKILLから職歴情報の証明に関するサービスをリリースする予定だ。また、エン・ジャパンは人材の採用、教育、評価事業とブロックチェーンを連携させることで、「入社後活躍」の実現に寄与できる事業の検討を進めていく。

 一方、日本マイクロソフトは、パブリッククラウドサービス「Azure」をベースとしたブロックチェーン技術の社会実装の拡大に向け、引き続きHR分野を含む各事業領域におけるコンソーシアムチェーン運営の技術支援を行っていく。