富士通は、NTTドコモに第5世代移動通信方式(5G)の商用化に向けた基地局制御装置や無線装置の納入を開始した。

5Gのネットワークを実現する装置構成

 納入する5G基地局制御装置は、単一のハードウェアに異なる無線方式を実装するSDR技術を搭載。既存の3G/LTE/LTE-Advanced方式の基地局制御装置を活用し、最小限のハードウェア変更のみで、迅速で低コストに5Gのネットワークを展開できる。

 一方、5G無線装置は、これまで無線装置の外部に設けていたアンテナ装置を、内蔵することでビームフォーミングを実装。効率的なネットワーク構築を実現する。ラインアップとして、5G周波数である、3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯に対応した3種類を用意した。

 基地局制御装置と無線装置間の通信を担うフロントホールのインターフェースには、オープンインターフェースのO-RANフロントホールインターフェース仕様を採用する。これによって、この仕様に準拠する他ベンダーの基地局制御装置や無線装置と接続ができる。また、3GPP Rel-15仕様書に準拠し、5Gサービスをスムーズに始めることができる。

 このほか、富士通はNTTドコモとともにO-RANフロントホールインターフェース仕様に準拠した基地局制御装置と無線装置の開発を共同で進めてきた。今後もNTTドコモとのパートナーシップを強化し、5Gサービスの開始や展開を支援するとともに、フロントホールのオープン化によるエコシステムの活性化や技術革新を進めていく。