週刊BCNは8月23日、ITメーカーとIT販社をつなぐイベント「BCN Conference 2019 夏」を東京・ホテル雅叙園東京で開催した。テーマは「DX時代を生き抜くパートナーエコシステム戦略」で、SIer、ISV、ディストリビューター、リセラーなどが来場した。


 冒頭、名古屋大学大学院情報学研究科の山本修一郎教授が「デジタルトランスフォーメーション(DX)の展開」をテーマに基調講演を行った。その後は三つのセッション会場で、セキュリティ・BCP対策、クラウド・DX、働き方改革をテーマにそれぞれセッションを行った。

 働き方改革のセッションでは、アイキューブドシステムズの中光章・CLOMOマーケティングスペシャリスト、アール・アイの箕浦晃久・取締役、Chatworkの事業推進本部ソリューションセールス部パートナーセールスチームの秋國史裕チームリーダーがそれぞれ登壇した。
アイキューブドシステムズの中光スペシャリスト

 アイキューブドシステムズの中光スペシャリストのセッションテーマは「その働き方改革、隠れ残業対策できていますか? CLOMO MDM で始める働き方改革とは」。クラウドとモバイルを活用して「いつでも・どこでも」仕事ができる環境は、反面、会社が把握していない時間外労働「隠れ残業」ができる状態になっていると指摘。社員の業務時間を把握するために、端末管理ソリューション「CLOMO MDM」が有効であると説明した。

 CLOMO MDMは、PCやスマートフォンの業務外使用を制限する機能を搭載しており、これを活用することで従業員の働き過ぎを防止できる。「労働時間だけを切り詰めるのは働き方改革の本質ではないとはいえ、改革があまり進んでいない以上、どこかで一度業務を整理する必要がある」と指摘し、従業員のモチベーションや健康の維持に役立ててほしいと呼びかけた。
アール・アイの箕浦取締役

 アール・アイの箕浦取締役は、「働き方改革時代におけるデータプロテクション」をテーマにセッションを行った。働き方改革に伴い、PCを持ち出す機会が増え、それとともにPC紛失のリスクが増加している。さらに、紛失したPCからの情報漏えいは大きな課題となっている。持ち出しPCの情報漏えい対策として「Shadow Desktop」を紹介した。

 Shadow Desktopは、簡単にPCをデータレスな状態にできるクラウド型デスクトップ。PCを紛失した場合は、管理画面から該当PCの利用を停止でき、それによりクラウド上にあるデータへのアクセスを遮断できる。箕浦取締役は、「利便性とセキュリティは相反するもの。この二つを両立し、なおかつ安価な製品を求める企業が増えている。Shadow Desktopは利便性、セキュリティ、価格の三つのニーズに応える」と説明した。
Chatworkの秋國チームリーダー

 Chatworkの秋國チームリーダーは、「ビジネスコミュニケーションから見直す働き方改革」をテーマにビジネスチャットの活用事例を紹介。同社が提供するビジネスチャットツール「Chatwork」は、22万社以上の企業に採用されている。

 また自社でもChatworkを導入しており、それにより電話、社内メール、プリンタを全廃するなど、かつて当たり前と考えられていた会社の仕組みを改革した。「各社のチャットツールは機能的には大きな違いはないが、当社がどのように活用し生産性を高めているかを、お伝えできるのが強み」と秋國チームリーダーは強調した。