3Dプリントシステムを提供するFormlabsは、Low Force Stereolithography(LFS)を搭載したプロフェッショナル向け3Dプリンタ「Form 3」を2019年中に発売する。税別価格は57万5000円。

3DプリンタのForm 3

 LFSプロセスとは、レーザーとミラーを独自に設計、融合したシステムで、液体レジンをピンポイントの精度で硬化させ、等方性を持ったパーツを造形する。モジュール式コンポーネントのLight Processing Unit(LPU)は、正確で高密度のレーザースポットを維持し、正確で再現性のあるプリントを実現する。

 小さなサポートのタッチポイントは簡単に除去可能で、パーツ表面をより滑らかにする。また、20以上のセンサーで理想的な条件を監視するため、安定したパフォーマンスを維持できる。このほか、オンライン統合管理ツール「Dashboard」を活用することで、どこからでも3Dプリントを開始できる。

 Form 3は、前モデル「Form 2」で使用しているBuild Platform、Resin Cartridge、造形物の自動洗浄を行うForm Wash、二次硬化を行うForm Cureといったパーツの共用が可能。これによりForm 3は、Form 2での既存投資を無駄にすることなく導入できる。

 さらに導入支援プログラム「Loyalty Program」を用意する。既存のForm 2ユーザーを対象にしており、Form 3が割引価格の税別51万8700円で購入できる。

 このほか、Formlabs製品や他社製品との連携を検証し、協業や導入の促進を目的とした検証センター「Formlabs Evaluation and Collaboration Center Japan」を埼玉県に開設する。10月のオープン予定で、Formlabs国内正規販売代理店やFormlabs製品との連携を検討する企業が主な対象となる。