デルとEMCジャパンは、スケールアウトNAS製品「Dell EMC Isilon」の最新版OS「Isilon OneFS 8.2.1」を発表した。インライン重複排除機能とハードウェアベースのインライン圧縮機能を追加したことで、「Isilon F810」の利用可能な容量が最大140%向上するという。

スケールアウトNAS「Isilon F810」

 最新OSのOneFS 8.2.1は、Dell EMC Isilon F810のオールフラッシュプラットフォームに、インライン重複排除機能、ハードウェアベースのインライン圧縮機能を提供。容量効率を高めることができる。

 データセットに応じて最大3:1のインラインデータ削減率を実現し、クラスタの利用可能な容量を最大139PBまで拡張できる。Isilon F810のインラインデータ削減処理は、OneFS 8.2.1が稼働する全てのIsilonストレージプラットフォームとシームレスに相互運用が可能で、ストレージ容量の増加と効率の向上によって、データセンターの省スペース化や利用するリソースの削減を実現できる。

 価格は個別見積もりで、デル、EMCジャパンのビジネスパートナーから提供する。