ネットワールド(森田晶一社長)は11月15日、Kubernetes HCIを開発する米Diamantiと国内初のディストリビューター契約を結び、企業やデータセンターでのDockerコンテナ環境の導入を根本的に簡素化することを目的として開発された業界初のKubernetes HCIである「D20アプライアンス」の販売を2020年1月上旬に開始すると発表した。

D20アプライアンス
 
 D20アプライアンスは、Dockerコンテナを利用したアプリケーションの本番運用で必要とされる高いパフォーマンスや信頼性、シンプルさをソフトウェア開発者やIT運用者に提供するだけでなく、15分でKubernetesのインフラ環境を展開でき、すぐにDockerコンテナのアプリケーションを実行できるターンキーソリューション。

 最新のIntelアーキテクチャーを採用したハードウェアプラットフォームを提供し、フルコンテナスタックをサポート(Kubernetes 1.12/Docker 1.13)する。また、1ノードあたり100万IOPS以上のストレージ性能と100µs未満のレイテンシを実現している。

 参考価格はDiamanti D20 20コアモデル(20-192-4)が1430万円、Diamanti D20 32コアモデル(32-384-8)が1910万円、Diamanti D20 44コアモデル(44-768-32)が3420万円。有償オプションとして、日本語によるサポート&サービスを提供する。