アイティフォー(佐藤恒徳社長)は、宮崎銀行(平野亘也頭取)が住宅ローンの審査業務の効率化に向けて、アイティフォーの個人ローン業務支援システム「SCOPE」を導入し、12月2日に本番稼働を開始したと発表した。

「SCOPE」の概要

 SCOPEは、住宅ローン審査、無担保ローン審査、途上与信審査に対応しており、住宅ローン受付後、個人信用情報機関への照会、照会結果の名寄せや集計、融資条件への適合性や過去の取引状況のチェックなどを自動化するウェブ版パッケージシステム。一連の流れをトータルで管理することができ、審査の効率化を実現する。

 宮崎銀行は今回のシステム導入により、住宅ローン審査業務を可能な限り自動化するとともに、審査の適切性を高め、審査回答時間の短縮と最適な住宅ローンの提供を目指す。

 アイティフォーでは引き続き、地域金融機関を中心にSCOPEをはじめとした同社ソリューションを提供することで、顧客の業務改革を支援していく方針。