ネットジャパン(蒋冠成代表取締役)は、バックアップイメージファイルからリカバリーや仮想化変換をしないで仮想マシンとしてHyper-VやESXi上からも起動できるツール「HyperBoot(ハイパーブート)」を1月31日にリリースした。

 HyperBootは、従来の「ImageBoot」のGUIと製品名を一新し、操作性を大幅に向上した。万が一、サーバーに障害が発生した場合でも、イメージファイルをHypervisor上の仮想マシンに直接アタッチすることによって、即時ブート、運用再開を確実に行うことができる。イメージファイルからブートしている仮想マシンは、VMware vMotionのストレージ移動機能を使って起動したままで、本番環境のストレージにシームレスに移動して、リストアを完了できる。

 ネットジャパンの「ActiveImage Protector」で作成したすべてのバックアップイメージファイルからブート可能。過去のバージョンとエディションの種類は問わない。ActiveImage Protectorのバックアップイメージファイルを仮想ハードディスクとしてアタッチした仮想マシンであれば2分以内(同社実測)に即時起動できる。ハイパーバイザーは、ローカルとリモートのHyper-V、VMware Workstation、ESXiとVirtual Boxに対応している。また、LinuxのLVMに対応している。

 HyperBootは、ActiveImage Protectorのユーザーは、無償でダウンロードして使用できる。