宇宙航空研究開発機構(JAXA)とアルウェットテクノロジー(AT社)は2月26日、人工衛星搭載の合成開口レーダ(SAR)データを軌道上で画像化する装置を共同で開発したと発表した。

SARデータの軌道上画像化装置

 従来、地上の計算機で行っていたデータ処理を、高速処理が可能なFPGA(fieldprogrammable gate array)に適したアルゴリズムに書き換えてファームウェア化することにより、世界で初めて衛星搭載用の装置として実現した。

 SAR観測データを軌道上の衛星内で準リアルタイム処理することで、衛星からのダウンリンク量の大幅な圧縮が可能となり、ニーズが高まっている海域観測や船舶の動静把握への活用が期待されるという。

 今後、AT社は小型衛星向けのコンポーネントとして、装置の製品化について検討を進め、JAXAは大型衛星への技術実装を精査する。