サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局は3月13日、新型コロナウイルス感染症の影響による緊急経済対策として「IT導入補助金2020 1次公募(臨時対応)」を開始した。補助対象は「ソフトウェア費、導入関連費」。補助額は30~150万円未満で補助率は2分の1以内。交付申請期間が3月13~3月31日(17時)。事業実施期間は交付決定後9月30日まで。

「サービス等生産性向上IT導入支援事業」のWebサイト

 補助金交付の対象は、製造業、卸売業、サービス業、小売業など20業種で、国内で事業を行う中小企業や小規模事業者など。新型コロナウイルス感染症として、在宅勤務制度(テレワーク)の導入事業は優先される。対象のITツールは、あらかじめ事務局に登録されたものに限り、ソフトウェアの機能拡張オプションや、導入コンサルティング費も含む。なお、ハードウェアや組み込みソフト、スクラッチ開発などの費用は対象にならない。(BCN・道越一郎)