ギークス(曽根原稔人社長)は4月3日、東京証券取引所マザーズから東京証券取引所市場第一部に指定替えされた。3月27日の東証に承認によるもの。4月3日の寄り付きは1112円だった。

ギークスのウェブサイト

 同社は、ITフリーランスの働き方を支援し企業とマッチングを図るビジネスを展開。ITフリーランス専門の案件検索サイト「geechs job」やITフリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」などを運営する。指定替えによって、認知度や信用力を向上させ長期的な事業拡大や企業価値の向上に資するとしている。

 指定替えにあたって、曽根原社長は「フリーランスという働き方が当たり前になっていく中で、『フリーランスといえばギークス』と認知していただけるよう、当社はフリーランス市場をリードし、市場の成長に貢献していく」とコメントした。