カスペルスキー(藤岡健社長)は、統合セキュリティ管理アプリケーション「Kaspersky Security Center バージョン12」とエンドポイントセキュリティアプリケーションの「Kaspersky Endpoint Security for Windows バージョン11.3」「Kaspersky Endpoint Security for Mac バージョン11.0.1」「Kaspersky Endpoint Security for Linux バージョン11.0.1」を4月8日に発売した。

クラウド環境のポーリングに使用する接続の追加画面

 Kaspersky Security Center バージョン12は、新たにGoogle Cloud(Google API)に対応。Google Cloud環境での管理対象マシンの検出を自動で行えるようになった。すでに対応済みのAWS、Microsoft Azureも含め、クラウド環境のインスタンスを保護するセキュリティを容易に展開することが可能となる。

 また、ウェブ管理コンソールで管理できるエンドポイントセキュリティアプリケーションについて、これまでの「Kaspersky Endpoint Security for Windows」と「Kaspersky Endpoint Security for Linux」に加え、新たに「Kaspersky Endpoint Security for Mac」も対象とした。さらに、既存機能のKaspersky Endpoint Security for Windowsでのディスク/ファイルの暗号化を、ウェブ管理コンソールから管理できるようになった。

 エンドポイントセキュリティアプリケーションの最新バージョンであるKaspersky Endpoint Security for Linux バージョン11.0.1では、ふるまい検知、Dockerコンテナスキャン、ネットワーク攻撃防御などセキュリティ機能を強化した。