Synology(本社・台湾)は5月15日、ホーム環境とビジネス環境の両方を一元管理するソリューションとして設計されたPlusシリーズNASの新世代モデル4製品「Synology DS220+」(2ベイ)、「同 DS420+」(4ベイ)、「同 DS720+」(2ベイ)、「同 DS920+」(4ベイ)を発表した。

DS920+

 新たなPlusシリーズは、ウェブサイトの応答性を最大133%高速化し、タスクコンピューティングを15%以上向上しており、作業をより素早く、効率よく進めることができる。DS920+とDS720+、DS420+には2つのM.2 NVMe 2280キャッシュスロットを装備し、とくに複数ユーザー環境でのI/Oパフォーマンスを向上することができる。

 また、Synologyストレージソリューションは、データ管理要件を満たすだけでなく、Active Backup Suiteを使用して、Microsoft Windows PCとサーバー、VMware vSphereとMicrosoft Hyper-V VM、Microsoft 365(旧称Office 365)とG Suiteアカウントのバックアップを一元化する。

 権限を許可した場合に限り、境界なくデータにアクセスする。ファイル共有の詳細なアクセス権とカスタマイズ可能なパスワード、有効期限ポリシーで、データを制御できる。リモートサイトとの分散作業を簡単に同期し、最も機密性の高いファイルのデータ暗号化を設定することができる。