オープンストリーム(吉原和彦社長)は、これまでオンプレミスで提供してきた定量的プロジェクト管理ツール「EPM Base」のクラウド版「EPM Cloud」の提供を6月3日に開始した。

EPM Cloud

 EPM Baseは、企業情報システムの品質担保や納期遵守のために、プロジェクトの定量的なデータを用いてリスクを可視化する管理基盤ツール。多角的にプロジェクトを分析し、グラフ化する機能により、顧客の集計・分析・レポート業務のスピード化と効率化を支援してきた。

 しかし、社内だけではなく、社外の関係者との細かな管理が求められる昨今のプロジェクトの特性から今回クラウド化を実施した。クラウド化することで、従来のサーバー運用・保守は不要となり、より使いやすく機能性の高いサービスを実現した。

 今後は、IoT、ビッグデータやAIなどのさまざまな技術を駆使した複雑なプロジェクトをより効率的に管理し、各種サービスとの連携が可能な機能を拡張していく予定。