キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は7月13日、キヤノン電子製の新製品として、スキャナ一体型ハンディターミナル「PRea(プレア)ST-150」と、PRea STシリーズ対応の簡単業務アプリ開発ツール「KNTool(ケーエヌツール)」を9月7日に発売すると発表した。

左から、KTNToolの画面イメージとPRea ST-150、PRea ST-300

 PRea ST-150は、バーコード読み取りに必要な機能を絞ることで、小型・軽量化を図ったエントリーモデル。視認性の高いオレンジ色のフレームと、長時間の操作でも疲れにくい軽さと手袋を付けたままでも操作しやすいボタン設計により、使いやすさを追求した。本体には抗菌素材を採用し、菌の繁殖を抑制する。屋外での落下なども想定し、高い堅牢性、耐久性を実現している。

 KNToolは、プログラミングスキルを必要とせず、ハンディターミナルを使用した業務アプリケーションを誰でも簡単に開発できるツール。アプリケーションをドラッグ&ドロップで簡単に作成でき、プログラミングスキルが必要なく、「ノーコード」でシステムを開発できるアプリケーション開発ツールとなっている。

 税別価格は、PRea ST-150がオープン、KNToolが10万円。