全国商工会連合会とソリマチは10月20日、相互の連携を強化し、Fintechと会計ビッグデータの活用によって地域の中小企業・小規模事業者などの経営力を強化することを目的に「Fintech及び会計ビッグデータの活用による中小企業・小規模事業者などの経営力強化支援に関する包括連携協定」を取り交わした。


 全国商工会連合会は、商工会組織として中小企業・小規模事業者の持続的発展を図るために、経営改善普及事業の一環として記帳機械化事業を推進している。今回の連携によって、ソリマチがもつ豊富な小規模事業者向け会計ソフトのノウハウを活用するだけでなく、所有する特許をベースとして最先端のFintech技術による業務の効率化、会計ビッグデータを活用した経営分析による会員事業者などへのサービス向上、自計化推進での生産性改善など数多くのメリットを見込んでいる。

 また、電子決済等代行業者であるソリマチは、全国の金融機関とのAPI連携を急速に進めており、金融相談・資金調達での展開を視野に入れた活動も期待できる。これらの取り組みにより、地域の中小企業・小規模事業者の経営力強化を図る取り組みを進めていく。

 ソリマチでは、全国商工会連合会とのアライアンスを通じて、地域の中小企業・小規模事業者を引き続きサポートしていく方針。