ジャストシステムは10月27日、営業支援クラウドサービス「JUST.SFA」をバージョンアップし、外部システムとの連携やサンドボックスを追加したと発表した。今後、名寄せ機能、二要素認証を実装する予定。各種機能は11月25日から順次提供される。

JUST.SFAのWebサイト

 JUST.SFAは、営業に必要な情報を一画面で表示できる視認性と自社の営業スタイルに最適なシステムを構築できるカスタマイズ性が特徴のノンプログラミングSFA。各従業員の活動データをリアルタイムに集計でき、結果を分析することで現場の課題や改善点を素早く把握できるという。また、システムのカスタマイズはドラッグ&ドロップによるマウス操作のみででき、現場に合わせたSFAを構築できる。価格は1ユーザーあたり月額1万5000円(税別)。

 今回のバージョンアップでは「外部システム連携」「サンドボックス」などの4機能を順次追加していく。まず外部システム連携では「レコード操作 API」を提供することで、さまざまなクラウドサービスや基幹システムとの連携が可能になる。外部システムの情報をJUST.SFAに反映できるようになり、複数のシステムのデータを参照することで、より精度の高い営業活動が可能になる。また、名刺管理サービス「Sansan」については専用APIを提供する。JUST.SFAとSansanのユーザーは、Sansanの名刺データをJUST.SFAに反映でき、新規取引先情報を再入力する手間が省けるようになる。サンドボックスは本番環境を複製した開発環境を提供する機能で、各種カスタマイズを本番環境に反映する前に動作が確認できる。なお、同機能はオプションによる別料金が必要になる。

 その他、21年2月から社名や住所などの表記揺れを検出し統一する名寄せ機能や二要素認証を提供していく予定だ。(銭 君毅)