アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ファイル無害化オプションを追加したウェブフィルタリングソフトの最新版「InterSafe WebFilter Ver.9.1 SP2」    の販売を12月16日に開始する。

「InterSafe WebFilter」と「InterSafe FileSanitizer Powered by OPSWAT」の
構成イメージ(Proxy版)

 ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)などのサイバー攻撃によって、企業や組織の機密情報が流出する事件が相次いで発生している。こうした攻撃には、マルウェアを仕込んだファイルをダウンロード・実行することで感染させる手法が広く使われている。とくに、ターゲットを定めた標的型攻撃の場合、未知のマルウェアが利用されることが多く、従来のパターンマッチング方式だけでは検知が難しいため、新たな対策が急務となっている。

 今回、販売するInterSafe WebFilter Ver.9.1 SP2には、ファイル無害化オプション「InterSafe FileSanitizer Powered by OPSWAT」を追加する。100種類以上のファイル形式に対応したファイル無害化(Deep CDR)と、機械学習エンジンを含む30種類以上のアンチマルウェアエンジンによるマルチスキャンを利用して未知のマルウェアに対応し、安全なファイルダウンロードを実現する。

 これにより、InterSafe WebFilterのウェブフィルタリング機能を利用した不正サイトへのアクセス・アップロード防止に加え、ウェブからファイルをダウンロードする際の高度なマルウェア感染防御が可能となり、サイバー攻撃対策を強化できる。

 また、最新版では、稼働プロセス数のモニタリング機能、しきい値超過時のアラートメール機能を追加したほか、認証サーバーとの接続方法でLDAPS接続に対応した。