エクセルソフトは4月6日、米MadCap Softwareのヘルプオーサリングツールの最新バージョン「MadCap Flare 2021」の国内販売を開始した。


 MadCap Flareは、マルチチャンネルパブリッシング用XMLベースのシングルソースコンテンツの作成を可能にする、テクニカルライターやコンテンツ開発者のための最先端のテクニカルオーサリングパブリッシングツール。

 さまざまな目的、言語、形式に対応したオーサリングとパブリッシュを可能にする。Flareのユーザーインターフェースによって、シングルソースドキュメントから多言語のコンテンツ作成と管理、既存のオーサリングプロジェクトのインポートができ、ウェブ用、デスクトップ用、モバイル用、印刷文書など幅広いパブリッシュ形式を簡単に出力できる。

 今回の最新バージョンでは、新たにマークダウンインポート機能を追加し、CommonMarkを含むマークダウン言語で記述されたコンテンツをMadCap Flareに簡単にインポートして活用できるようになった。また、新しいレイアウトサイズ調整機能により、XMLエディタから直接スクリーンサイズに応じたコンテンツの表示・調整が可能なほか、新しいメディアクエリを作成できるようになった。

 レビュープロセスでのテーブルとイメージのサポート、一新されたスタートページデザイン、新しいPDFユニバーサルアクセスサポート、FrameMaker2020からのインポートなども搭載している。

 価格は、サブスクリプションライセンス(1年間のプラチナサポート付き)で29万5900円となる。