ウイングアーク1stとギラヴァンツ北九州は、北九州市をホームタウンとする日本プロサッカーチーム(Jリーグ)「ギラヴァンツ北九州」のファントークン「ギラコイン」の発行を8月28日に開始する。先行して、8月22日からの「ギラヴァンツサマーフェスティバル2021」においてスタジアム内限定で「ギラコイン」の現金チャージを可能とした。8月28日からは、スタジアム内のグルメとグッズの購入、北九州市内のギラコイン加盟店舗で利用できる。

「ギラコイン」の仕組み

 ギラコインの発行は、ギラヴァンツ北九州のクラブ自身が地域通貨の発行元になることで新しい収益源の創出とスタジアムを中心とした地域活性化や地域創生が目的。ギラコインを購入したファン・サポーターは、スタジアムや地域のギラコイン加盟店舗で決済手段として利用でき、各店舗で用意している特典を受けることができる。

 また、決済に応じて一部がギラヴァンツ北九州に還元されることでファン・サポーターによるギラコインの利用が直接的にクラブの応援につながる。ウイングアーク1stとギラヴァンツ北九州は2021シーズンのトップパートナー契約を結び、6月には北九州市を含めた3者でスポーツテックによって選手のパフォーマンス向上を図る連携協定を取り交わしている。